こがしゅうと宅
イラストレーターでコミック作家のこがしゅうと本人が運営するブログです。新作の情報や近況を記します。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

こがしゅうと、新刊完売を送信する。
昨日は当方配置にお越し、ありがとうございました!
沢山のお差入れをありがとうございました。
閉会後、気付けば早一日。私めは閉会後に関係者宅に寄り報告をしてきたものでして本日正午に帰投致しました。
関係者宅に寄った折りにお差入れを戴きました。上品な甘みが身体にしみ込みました!この場にて御礼申し上げます。
昨日は高気温でありまして、この中を皆様がお越しになってくださり感謝であります。少々多めかなと思っての新刊搬入数でしたが1330時ころには完売成就を致しました。
私事で恐縮でありますが昨年冬から時代の流れに従い、スマートフォンを導入したのですがこれを使って会場より、開催時間内に情況をツイートできたのは石器人の私めにとって革新的な出来事でした。…内情をバラしますとスマートフォンにて文字入力が全く拙い私め、同席で長身のK池氏に私めのスマートフォンで送信をお願い致しました(笑)。ありがとうK池氏!

昨日発表の【光電管の爆弾〜相手に投弾するまで〜】は極少数ですがCOMIC ZIN御中に販売をお願いしております。
ご興味のある方はどうか御利用にと思う次第。
では昨日は皆々様、ありがとうございました!
また、色々と濃い話が出来て魂の洗濯が出来ました。こちらもありがたく!

こがしゅうと、新作情報(平成29年5月版)。
スクリーンショット 2017-05-04
来る平成29年5月6日(土)、東京有明にて開催の『COMITIA』御中の120にて幸運にもスペースを戴きました。
新作を発表致します。作品は「三式二十五番三十一號爆弾」の搭載方法や運用等を描きました。
過日発表した『光電管の爆弾』の続編です。
数はあまり用意出来ない雰囲気ですので、ご興味をお持ちの御方はお早い御利用をと思います。
こがしゅうと、新作情報。
来る平成29年4月21日より発売開始となります『ミリタリークラシックス』(イカロス出版御中より発行)連載記事にて「特二式内火艇 カミ」を描きました。
本題材は10年以上前の過去より何度か描いてきたのですが描く技量が今以上に低かったり、また「浮舟」が無い状態のだったりと完全なものではなかったのですが、今回完全状態を描け、やりきれなかった思いを一つ埋めることが出来ました。
第二特集はなんと英国戦艦。もし今回が「特二式内火艇 カミ」でなかったら私は英国戦艦を描いていたと思います。
では明日の発売日に本屋さんに出向かれましたら何卒であります。

それと本誌にて私めの単行本広告が公示されました。
現在、描き起し部分を作業中であります!
こちらも何卒!

こがしゅうと、改丁型駆逐艦を描く(其の三)。

3月4日より発売開始の艦艇模型雑誌『ネイビーヤード』(大日本絵画御中より発行)連載記事にて「橘型駆逐艦」こと「改丁型駆逐艦」の図説を描きました。本テーマを描くのは今回で3回目。本作を描くのに…まあ、色々とありました。多分、生涯忘れない作画環境であったかなと思います。
(G編集長、大変にお待たせしてすみません!)
週末も挟んだこともあるのでしょうが、まだ私め、献本を手にしていないのです。(それともG編集長の逆鱗に触れて送ってくれないのかな(汗)!)
ともあれ本屋さんに出向かれまして本誌を御眼にしてくださったのならどうか御手に!

【追記】
気付けば本年1月下旬から色々とありまして、ブログの更新がひと月ぶりとなりました。
ここのブログってひと月更新しないとパスワードの変更を求められるんですなあ。
物凄く久しぶりの更新なんだと痛感致しました。
加えてAmazon御中のアソシエイトも久しぶりでして…要目が追加されていたりして少々面食らった次第。
物凄く久しぶりの更新なんだと痛感致しました(汗)。
こがしゅうと、模型の宣伝をする。

1月17日より発売開始の『ちび丸ミリタリーシリーズNo.6 』(フジミ模型株式会社御中より発売)最新作品『ティーガーI ミハエル・ヴィットマン』が発売されました。
本製品のパッケージイラストを私、こがしゅうとが描きました。
パッケージイラスト
前作「九七式中戦車」もそうですがディフォルメされていてもカッコよいスタイルなのはスゴイと思います!
では模型屋さんに出向かれましたらどうか一度お手に!

それと昨日投稿した『ミリタリークラシックス』最新号宣伝ですが追記がひとつあります。
平成28年12月作品として描いた『ヤシュウタイ04』に私めのサインをしたものをお年玉プレゼントとして少数イカロス出版御中に提供致しました。御応募してくださると幸甚であります!