こがしゅうと宅
イラストレーターでコミック作家のこがしゅうと本人が運営するブログです。新作の情報や近況を記します。
10 | 2016/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

こがしゅうと、ヤシュウタイの在庫宣伝をする。
http://shop.comiczin.jp/
個人出版誌の通販大手のCOMIC ZIN御中から【こがしゅうと宅】の在庫状態連絡があった。
驚いたのは「芙蓉部隊」を題材に描いている【ヤシュウタイ】シリーズ、これの第一冊目たる無印の【ヤシュウタイ】が在庫として若干数ある、ということだ。本作は世間に受け入れられるかどうかを知るために作成したので番号なしの無印となっている。
本作は発表したとほぼ同時に完売した作品。本作がまだ在庫としてあるのは…正直驚いた。
ネット通販項目をみると本タイトルはないが、店頭販売という形で在庫があるのだろうか。
他に第二冊目たる無印の【ヤシュウタイ01】も、
それから第三冊目たる無印の【ヤシュウタイ02】もCOMIC ZIN御中に在庫としてあるようだ。
参考までに述べると【ヤシュウタイ】と【ヤシュウタイ01】は私の手元にも、もう在庫がない。再販も総集編化も考えていない作品だ。

御中には当然最新号の第四冊目たる無印の【ヤシュウタイ03】、これはネット上で買える扱いとなっている。
どうかこれを機に御利用になってくださると幸甚に思う。

スポンサーサイト
こがしゅうと、苦悩する。
白一色だったページを私の好きな紫か藤色にしたいと色々FC2御中の設定画面を見ていたのだが…どうにもやり方が判らず仕方なく白一色の基本で我慢していた。本日に到り、本腰を入れて設定画面をあーこーいじってやっと変更が出来た。
まさしくやっという感じだ。嬉しいよ、うん。
こがしゅうと、改丁型駆逐艦を描く(其の二)。

本日より発売開始の艦艇模型雑誌『NAVYYARD』(大日本絵画御中より発行)連載記事にて「改丁型駆逐艦」図説の第二回目を描きました。掲載カットの一部は下記URLを御覧くださいませ。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59752786
第二回目にしてやっと「改丁型駆逐艦」の中程まで描いたのです。物凄く時間が掛かってしまいました。関係者各位、お待たせしてすみませんです。
本誌の特集はハセガワ御中とフジミ御中両社製品であります同寸縮小空母「赤城」模型比較です。模型に疎い私ですが、模型会社が別々に同じ艦艇の、しかも同じ縮小サイズの模型を発売していた…なんて初めて知りました。また…意地の悪い企画を考えることですなあ、G編集長は(笑)。
では本屋さんに出向かれましたら是非御手に。立ち読みでも結構ですので!

私は我が国の大型空母で唯一愛情を持てるのは「信濃」のみです。本誌で「信濃」1/450で作例が出て居ります。いつかは「信濃」を描きたいものです。

こがしゅうと、仕切り直す。
長年愛用してきたDION御中のウエブサイト。平成26年だっただろうか、突然サービス終了との通知を受け、紹介されたブログで役目を引き継いだが、どうも使い勝手が悪く、しっくりと来なかった。そんなだからあまり愛情が湧かなかった。新しくブログを立ち上げるべきか…と常々考えてきた。
と、同時にtwitterという便利なものを始めた。こちらに発表と公開の場を移行して行ったのも引っ越し先のブログを愛せなかった理由でもある。とは申せ何かしら長文を保存公示できる場が欲しい。
…そこで色々と悩んだ結果、FC2御中の軒先を借りることにした。
ホントはこのブログはセミが啼いているころに、此処を立ち上げようと思っていたのだが…9〜10月はスケジュールが苛烈だった。11月に入ってやっと叶った次第。近況と立ち上げた意味はこんなトコロだ。しばらくはhttp://kogasyuto.seesaa.net/を平行して使うことになるかもしれない。まずは挨拶代わりのホントにアップ出来るかを調べるための一発目の投稿だ。