FC2ブログ
こがしゅうと宅
イラストレーターでコミック作家のこがしゅうと本人が運営するブログです。新作の情報や近況を記します。
04 | 2019/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

こがしゅうと、新連載を戴く。
皆様、ここでは大変お久しぶりです。
突然ですが

本日雑誌「丸」(株式会社潮書房光人新社御中より発行)が発売です。

気の早いハナシで恐縮ですが来月4月25日発売の雑誌「丸」2019年06月號にて、幸運にも連載を戴くことに相成りました。
テーマは潜水艦です。毎月少しづつ我が国の潜水艦とその関連物を描いていく連載です。

雑誌「丸」…私が小さい頃から拝読している雑誌です。老舗雑誌で連載を持てるとは…身が引き締まり、背筋が真っすぐになる重いです!
では今月発売の號も、そして来月発売の號もどうか何卒!

スポンサーサイト
こがしゅうと、新刊情報
価格表H30-12-31

皆様、ここではお久しぶりです。
来る平成30年12月31日大晦日、東京有明にて開催のコミックマーケット95御中にて幸運にもスペースを戴きました。
当日は新刊、二つ発行です。
一つは「芙蓉部隊」を題材としました『ヤシュウタイ07』と、もうひとつは短編党第九號作品『メガネdeめがね』です。

在庫状況は下記のとおりです。
【ヤシュウタイ07】…………在庫状況《新刊◎》
【メガネdeめがね】…………在庫状況《新刊◎》

【ヤシュウタイ06】…………在庫状況《準新刊○》
【ヤシュウタイ05】…………在庫状況《既刊△》
【ヤシュウタイ04】…………在庫状況《既刊△》

では31日、大晦日は『こがしゅうと宅』を何卒!

こがしゅうと、新作情報。
価格表H30-11-25

皆様、ここではお久しぶりです。
来る平成30年11月25日、東京有明にて開催のCOMITIA御中 第127にて幸運にもスペースを戴きました。
当日は新刊、二つ発行です。
一つは短編党第九號作品『メガネdeめがね』、もうひとつはこれは特別販売となりますが私め、こがしゅうとの単行本『アナタノ知ラナイ兵器5』となります。『アナタノ知ラナイ兵器5』は本屋さんで御眼に出来なかった方々、どうか何卒であります。

在庫状況は下記のとおりです。
【メガネdeめがね】…………在庫状況《新刊◎》
【アナタノ知ラナイ兵器5】…在庫状況《新刊○》
【ヤシュウタイ06】…………在庫状況《準新刊◎》
【ヤシュウタイ05】…………在庫状況《既刊△》
【ヤシュウタイ04】…………在庫状況《既刊△》
【燃焼の機】………………在庫状況《既刊△》

では25日何卒!


こがしゅうとの新刊が発売されます。

今月末に『アナタノ知ラナイ兵器』5が発売されます!
いよいよAmazon御中で予約が始まりました。
恥ずかしながら、本作入稿後は連続〆切りの完遂後ということで、ただ眠るという日々が続き入稿後どうなったかという情報を編集部御中に確認をしていなかったものでして…繰り返しますが恥ずかしながらAmazon御中での予約開始を目にして『ホントに出るんだ』というのが正直な感想であります。さて、筆者側の寝言はともかく収録量とテーマは本編96ページ、描き起しも多数掲載されております。全体の1/3ほどを使って「改丁型駆逐艦」こと「橘型駆逐艦」を念入りに図説致しました。他には「秋水」と「キ一〇〇」も多数ページを使って収録されております。

さて。以下は私めにとって重大なお知らせであります。
来る平成30年9月29日(土)東京ビッグサイトで開催されます第58回 全日本模型ホビーショー・大日本絵画御中ブース、1100時より1時間『アナタノ知ラナイ兵器5』を購入された方のみ先着50名様で恐縮でありますが私め、こがしゅうと、サイン会を行うことになりました。
折角、地元東京でのサイン会であります。おまけに私を育ててくださった出版社もある東京、そして私の制作活動拠点であります東京ビックサイト御中でのサイン会であります!
ですので静岡ホビーショーサイン会時のみ配布する特殊小冊子『静岡外付け小本』、これの東京ビックサイト版を当日無料配布致します!
数はサイン会を催してくださる大日本絵画御中ブースの御都合で恐らく先着50名様分のみかと思います。
当日は整理券をお配りする予定です。
また詳しきことは後日!
https://twitter.com/kogasyuto
等で公示致します!

こがしゅうと、久しぶりに広告する。
皆様、お久しぶりです。こがしゅうとです。
気付けば2ヶ月ぶりの投稿と相成りました。
細かいことはtwitterでTweetしておりますが、ここしばらくで描いた作品などを述べたく。

もう私がこのシリーズにお世話になって2年となりますが最新作は「三式中戦車」を長砲身化を目論んだ計画車両のキットです(販売元はフジミ模型株式会社御中より)。
ディフォルメのノンスケールモデルですが…それを全く感じさせないかわいらしさとカッコよさがあるスタイルです。
箱絵はこちら

そして…本日より発売開始の艦艇模型雑誌NAVYYARD誌(大日本絵画御中より発行)です。

連載では今回別テーマを描くつもりでいたのですが…前回テーマをもう少し描きたくなり、この欲望に屈したという形です。
…あと、本誌の中に私にとっては少々、いえ…大きく衝撃を受ける内容と公示があります。どうか本屋さんに出向かれましたら立ち読みで結構なのでこの公示文はお眼にして戴きたく!